2013年12月
平成25年12月31日(火)
臨時増刊号「大瀧詠一さんが逝くなんて」

今年は久々にのんびりした年末年始。といっても毎日一つずつくらい用事が入っているのだが。
この際、と大掃除をしてみた。大掃除と引っ越しは「思い出と再会する」みたいなところがある。
数年ぶりの本格的な大掃除とあって、なんでこんなものがこんなところに!自宅がAmazonになってしまっていた。

「最近着なくなった服の入っている箱」にアフリカの人形があったり、「語学のテープの箱」の中に運動靴があったり。
そして、「最近履いていない靴が入っている袋」の中にはなぜか大瀧詠一のCD「ア ロング バケイション」(ソニーレコード)が入っていた。
なんで、こんなところに、と思いつつ、CDラックにちゃんとしまおうと思って机の上に置いておいた。それが12月30日のことだった。

そしてその翌日、12月31日のお昼のニュース。大掃除も終え、今年の仕事はもう終わり、とリラックスしていたときに大瀧詠一の訃報が流れた。
僕が大瀧詠一などはっぴいえんど系の音楽好きだというのはあちこちで書いてきたからご存じの人もいるかもしれない。彼は僕にとって青春時代そのものだった。

さっき発見したと言った「ア ロング バケイション」は昭和56(1981)年3月21日に発売。僕は当時法学部の学生だった。学期末試験を終え国家公務員試験を控えているという状況だったが、発売当日レコードを買ってきて、文京区白山の部屋で針を落とした。「あ、売ろうと思って作ったアルバムだな」というのが第一印象だったのを覚えている。それまでナイアガラレコード、売れてなかったし。
当時は、CDとカラオケが一般的ではなかった。通信カラオケとかもなくて。このアルバム発売後、大瀧詠一が当時持っていたラジオ番組の中で「酔っ払った客がカラオケで「雨のウェンズデイ」(ア ロング バケイションに収録されているナンバー)を歌う」というコントをやったことがあった。当時はカラオケの曲は演歌や歌謡曲 というのが一般的で、よもやこういう曲がカラオケで歌われるようになる、とは多くの人は思ってなかった。だからそれがコントになっていたわけだ。でも大瀧詠一は、やがてそうなることを予期していたのだと思う。「いつかは『雨のウェンズデイ』がカラオケで歌われる日が来るのだな」。僕はそれをずっと気にかけるようになった。いまや当たり前すぎるけど。

2013年は「恋するフォーチュンクッキー佐賀県庁版」(12月31日現在で197万再生!)のおかげもあって楽しい一年となった。カラオケでもときどきみんなでこの曲を歌って踊ったりしていた。2013年の最後の忘年会の日、二次会はカラオケのある個人宅だったのだが、そこでも一年の締めくくりで最後に「恋チュン」を歌うことにした。ところがその家では最近新曲を入れてないらしく検索しても「恋するフォーチュンクッキー」が出てこない。「恋する」のキーワードで出てくる曲で僕が歌えるのは「恋するカレン」くらい。なのでそれを歌った。20年ぶりくらいだった。
その「恋するカレン」も実は「ア ロング バケイション」の収録曲だった。そのことを思うと、(そんなはずはないのだが)大瀧詠一さんが世の中にサインを出しておられたのではないかとすら思ってしまう。

もともと、今日(12月31日)はのんびりして新年を迎えようと思っていたのだが、思わぬニュースについつい語ってしまった。

どうかどうか来年が新しいものとたくさん出会える年になりますように。

12月31日火曜日 午後2時24分記す


ふるかわ 拝

平成25年12月24日(火)
第544号「未だ門は開かれず 日本は『放置』国家?」

12月20日は残念な日となった。「諫早湾干拓潮受堤防の排水門を開放する」という国に課せられた義務が、その期限である12月20日までに履行されなかったからだ。
この日、僕は関係者の人たちと一緒に農水省に赴き、江藤副大臣に対し「開門されないままこの日を迎えたことは、本当に残念」と伝えた。

2010年12月、「防災工事など開門によって被害が出ないような対策をあらかじめ講じたうえで、排水門を5年間開放せよ」という判決が福岡高裁で出され、大方の予想に反して、国(当時は民主党政権)は最高裁にその判断を求めることなく、福岡高裁の判決を受け入れることにした。
もっと具体的にいえば、福岡高裁の判決が出されたのに対し、農水省は官邸(当時は菅総理)とも協議のうえ、国として「排水門を開放する」という政策決定をし、それに従って「最高裁に上告せず」という結果となった、ということだ。
つまり、「福岡高裁の判決を受け入れる」という前に、国として「排水門を開放する」という決定をしている。順番としては国の意思決定が先にある、ということだ。
だから、僕たちは「そのように国が政策決定をしているのであれば、それが実現されるように努力すべきだし、仮に別の裁判でそれとは異なる判断が下っても、それに対しては異議を唱えるべきだ」と主張してきた。

しかしながら、国はこの開門をめぐるいくつかの他の訴訟において「この干拓事業の結果、漁業被害が出たとは認められないし、仮に出たとしてもそれはすでに補償金の支払いによって解決済み」という主張をし、その結果、「排水門を開けるな」という裁判においても「開けないことによってどのような被害が出るのか」とか「開けないと、どうまずいことが起きるのか」等についてきちんと主張を尽くさず、結局、国は十分な主張をしなかった。ということで、11月12日の長崎地裁の仮処分の決定においては、裁判官自身が「福岡高裁の確定判決とは矛盾する」と異例の指摘をしたうえで「開門は認められない」という決定を下す、という結果になってしまった。

福岡高裁の判決が確定し、2013年12月20日までに開門する、という方針が政府によって明らかにされて以来、佐賀県は次のような主張をしてきた。

1 防災のための工事など住民の方に開門による被害が出ないようにしたうえで開門してほしい。
2 農業用水の確保など農業者が営農を続けられるような措置も講じてほしい。
3 その上でできるだけ多くの海水を流入させ、それによって門がなかったときの状態に近づけてほしい。
4 開門開始時期はノリ漁期をはずす。具体的には2013年の5月〜6月がベスト。

すなわち、「事前工事を講じたうえ」で「ノリの時期をはずして」、「全開門」していただきたい、ということだ。

1と2は、「開門した結果、長崎県側で生活している人たちに高潮の被害が出てくるようなことがあってはいけない」ということや、「海水が入ってきて、それまで取水してきた農業用水が確保できなくなり、干拓地で農業を営んでおられる方々が農業ができなくなる、というのは困る」という考え方だ。

3は、「もともと佐賀県が求めているのが、ただ開門してほしい、ということではない」ということだ。有明海の海況はここ10数年かなり悪くなってきていて、特に二枚貝は激減している。有明海の二枚貝の象徴であるタイラギはここ2年休漁を強いられていて、タイラギで暮らしてきた人たちは、出稼ぎをしたり、昨年と今年に限っては偶然発生したクラゲを取ったりして生計を立てている。
この10数年にうちに何かが変わってきている、と有明海で暮らす人たちが実感しているのだ。ところが、潮受堤防ができる前については、有明海の海況に関してしっかりと調べられたデータがない。現時点での海のデータはそれなりに存在しているのだが、過去のものがないために、潮受堤防ができたことでどのように変化したのかが科学的に分析できないのだ。だから、佐賀県としては「開門するときにはできるだけ大きく門を開いて、元の海に近い状態にして、どのように海況が変化するのかを調査することが必要だ」と主張してきたのだ。
「門を開けるのは、目的ではなく、有明海を再生させるための手段だ」。この主張を一貫してしてきている。

4については、「そのようにして開けるにせよ、開門初期に大量の淡水が一度に有明海に流れ込むと、今度はノリの生産に影響することが考えられる。なので、開門して大量の淡水を有明海に流れ込ませる時期は、ノリの時期をはずしていただきたい」という意味だ。

これに対して、農水省は、佐賀県の期待とは異なる判断を示し続けた。
開門方法については、「全開門」ではなく「一部開門」。それに対して佐賀県は反対はしたものの、「最終的には全開門をめざすが、(長崎県側の理解を得るためにも)一部開門からスタートすることについては理解」した。
また、時期的なものについては、「5月〜6月がベスト」としていたが、その時期までには開門がなされず(というか見通しさえ示されず)、そのままノリ漁期を迎え、有明海沿岸の漁協では「ノリに影響するかもしれない」とその時期の開門について反対する声もあったものの、「これまで開門を求めてきた我々が開門反対というわけにはいかない。丁寧な開門操作を行うことでノリに影響が出ないようにすることを求める」ということで組合員たちの理解をなんとか得て、農水省が開門できる環境になるのを待った。農水大臣が「三者による話し合いを」と呼び掛けられれば、「わかりました」と応じ、長崎県側が話に乗りやすいように「開門の話をしなくてもいいです。有明海の再生のための話をしましょう。」とまで僕は言い、話し合いができる環境を創り出そうとしていた。
そう。ずっと僕たちは農水省のおっしゃる通りに、そして農水省が仕事しやすいようにしてきたのだ。

「なんとか話し合いを」ということについては、僕は今もなお提案し続けている。開門するかしないかの裁判は長期化するかもしれない。しかし、ある日、裁判で白黒つけられたからといって、同じ海で暮らす人たちの間のわだかまりが氷解するとは思えない。佐賀県と長崎県は隣県だし、太良町と諫早市は隣接自治体。こっちの家が佐賀県であっちの家から長崎県、という感じ、お隣さん同士なのだ。そこに住む人たちがこれからも共存共栄していくためには、裁判だけでなく相互理解していくことが絶対に必要だ、と僕には思えるのだが。

組合員の人たちから僕はよく「知事さん、ほんなごて(本当に)門はあくね?」と尋ねられた。「農水省はほんなごては(本当は)あけとうなかとやろうもん」。
僕は自分を納得させるように「日本は法治国家。確定した判決は、したい、したくないに関係なく実行される。しかも、その義務を負っているのは日本国政府。大丈夫です。国もいろいろ努力されてますから。」と答えてきた。
もちろん、林大臣はじめ農水省がいろいろ努力されてきたことは知っている。それだけでなく、僕たちが知らないところでも努力されたのだろう。しかし、だ。ほんとうに十分な努力をしていただいていたのか。現場の漁業者の人たちの思いに応えようと真剣に努力されていたのか。どうしても疑問に思えてならない。
今回、こういう形でこの日を迎えてしまったことは、県民の期待に応えられなかったということ。本当に申し訳なく思う。

20日の夜、ある人からこんなメールが来た。
「日本は『法治国家』かと思っていたら『放置国家』だったのですね。」

「いや、そんなことはありませんよ」と返事を書こうとして、その手が止まったままになっている。

2013年12月20日。この日はゴールに非ず。有明海再生が一日も早く成されるよう、これまでの動きについて反省すべき点は反省したうえで、新たなスタートを切りたいと思う。


(よかったらごらんください)
○ 12月20日(金)諫干開門問題の農水副大臣抗議後の取材対応ライブ配信(約25分)
http://www.ustream.tv/channel/isakan

○ 当日夕方の佐賀空港での記者取材対応(約5分)
http://www.saga-chiji.jp/hatsugen/comment/?page=20131220-3


ふるかわ 拝

平成25年12月17日(火)
第543号「ライドシェアを知っていますか」

最近、僕は国土交通省の交通政策審議会地域公共交通部会の臨時委員を務めていて、いろいろ勉強させていただいている。
僕のテーマは「地域における移動手段をどう確保するか」だというのは、前にも述べた。
地域(というか、バスや鉄道がなかなか使えないところで、何か用を済まそうと思うとタクシーしかないけどそれだと値段が高くて困る、ような地域というイメージです)で移動するためにどういう手段がこれから必要になっていくのか、というところに僕は関心を持ってこの審議会の議論に参加している。
そんな中で先日、佐賀県庁の職員から「アメリカに面白い事業がありますよ」と言って教えてもらったことがある。

それがライドシェアと呼ばれる移動方法だ。
要するに相乗りと思えばいい。どっかに移動したいな、と思ったとき、ふつうならタクシーを呼ぶところ、その代りにスマートフォンのアプリに登録し、「近くに自分を乗せてくれる人がいないかな」と探してみると、人を乗せられる状態にある車が出てくる。そして「ではお願い」とやると「あと○分くらいでつきますね」というやりとりになり、実際に車がきてそれに乗り、「どこどこまでお願いします」と言って送ってもらう。
料金(というか謝礼というか)については、ドライバーに直接現金で払うのではなく利用者のクレジットカードから引き落とされるケースが多い。値段が決まっている場合もあればドネーション(寄付)で、という会社もあるようだ。
有名なところではUber(ウーバー)、Lyft、Sidecar などで、アメリカでスタートして急速に広がってきている。

これだけ見ると「白タク」のように見えるかもしれない。
もちろん米国でもそれが問題になっていて、このライドシェアの急速な普及でタクシーやハイヤー会社の中には「きちんと規制を受け、税を含めて政府に支払をしている自分たちがこうした『白タク』のような行為によって影響を受けるのはおかしい。規制すべきだ」と主張するところもあるし、市や州によってはこうしたライドシェアを認めないとしているところもある。

ライドシェアの会社を運営している側の人たちは「一定の規制はやむを得ない。ただ、この事業はスマホが普及してはじめて出てきたもので、現行のタクシーやハイヤーの規制法ができたときにはなかった事業。明確に法律が禁止しているわけがない」と主張していて、「存在そのものが認められないものではない」と言っているようだ。

とても小さなレベルで考えてみると、こういうことだ。
友達10人くらいで「ライドシェアのグループ」を組合みたいにして作ったとする。乗せられるときはお互いに乗せあいましょうね、というルールで。そして、もし乗せたときには距離に応じてだいたい気持ち程度のお金をドライバー本人ではなく組合に払うことにしよう、ということにした。そこから経費を差し引いて、ときどき仲間内で分配する、というやり方だ。
白タクになるだろうか?
日本の現在の法律では白タクになるように思うが、会員の相互扶助でやっていくサービスだ、と言えば主張できないこともないように思う。

ただ、間違いなく言えることは、米国ではこのライドシェアがあっという間に普及している、ということだ。
そして、各地でタクシー会社と衝突しながらも増えてきている。
いよいよ東京でもUber TOKYO がスタートした。まだまだ地域限定のものではあるけれど、とにかくライドシェアの動きが日本でも始まったことは間違いない。

シェアハウス、カーシェアなど、「所有」から「使う」へ消費がシフトしつつある、とはよく聞く。
このライドシェアも、そういうシフトの一種になるかもしれない。

六本木あたりの黒塗りのライドシェアも悪くないかもしれないが、僕としては、バスもなくタクシーでは高すぎるという人たちに向けてのサービスが何か考えられないだろうか、と切に思う。


ふるかわ 拝

平成25年12月10日(火)
第542号「第九本番報告」

先週からの続きになるが、12月8日日曜日は第九の本番だった。
今回のさが県民「第九」の合唱の参加者は214人。最年長は92歳。最年少は8歳。
私の近くで歌っていた方は、奥様のご逝去がきっかけだったという。
「妻が他界して何かぽっかり気持ちに穴が空いて、何にもする気になれない状態だったんです。そのときに妻のお友達でコーラスをやっている人から『第九をやってみらんね』と誘われて、自分も『このままではいけない、何かふっ切れるきっかけになれば』と思って始めてみたのです。」
「で、どうでした?」と尋ねてみた。
「もう、練習が楽しくて楽しくて。それが楽しみで毎回行ってた、という感じですかね。」
と言って練習スケジュール表を見せてくれた。練習に出席された回にマーカーがしてあって1回だけ色が塗られてなかった。
「1回行けなかったのが残念で」と悔しそうだった。
当日朝の最後の練習(ゲネプロ)が終わって休憩になった。そのとき、その方がつぶやかれた。「あと1回しか歌えないな。」
本番が終わった後、尋ねてみた。
「奥様にこの歌が届きましたかね?」
「はい、きっと。」
にこっと笑ってそう答えられた。
第九を歌う人の数だけの人生がある。

2点報告をしておきたい。
まず「第九界のニホンカワウソ」と呼ばれたバスの歌い手職員Bのことだ。彼は先週からは心を入れ替えて皆の前に姿を現すようになった。「これだけの存在感があるのにニホンカワウソとは何事だ」とすごむようになったので、僕としてはその抗議を受け入れ、その貴重な実在に対する敬意を込めて「第九界のツシマヤマネコ」と評することとした。
「ツシマヤマネコ」は最後まで成長曲線の昇り局面のまま当日を迎え(本人曰く、「歌えば歌うほどうまくなってきている」)、本番では「ほぼ95%の出来だった(本人談)」ことを謹んでご報告させていただきたい。
もう一つは、先週、奮戦状況を報告したソプラノの職員Eのことだ。先週、このコラムで「カンペはやめたほうがいい」というアドバイスをしておいたのだが、それにもかかわらず彼女はカンペの道を追求し、本番前日の練習のときに(そのときに初めて、当日ステージ上のどこで歌うのかがわかります。)自分の前に立つことになった人にお願いして、背中にカンペを貼らせてもらうことに了解をもらったのだ。最後まであきらめてはいけない、ということだ。
その方に感謝しつつ、職員Eは必死になってその夜、夜を徹してカンペの制作に打ち込んだ。
ところが当日。彼女は、そのカンペを忘れてきてしまった。
あらら。
なので彼女は素のチカラで本番に臨んだ。歌いあげた後、「私の場合は120%のデキでした」と語っているので、きっとそのようなものであったと信じたい。

今回、第九プロジェクトに参加してくれた県職員の人たちは全員が第九ビギナーズ。9月中旬からのスタート。しかも毎回練習に出ていた、ということではなくてもそれでいて何とか当日には胸を張ってステージに立てるレベルになれる、というのがさが県民「第九」のいいところ。もちろん第九は奥が深く、僕らはその深い森にやっと入った、という程度にすぎないのだけれども、この楽しみを多くの人たちと共有できればと心から思う。

日曜日の夜、ささやかながら第九プロジェクト参加者11人全員で打ち上げをした。
最後にみんなで大合唱。ソプラノ、アルト、テノール、バスがすべて揃ってるし、演奏はカラヤン指揮のベルリンフィル(のCD)。一つの歌をみんなで歌うことの贅沢さを満喫した一夜だった。


ふるかわ 拝

平成25年12月3日(火)
第541号「県民第九 みんなで練習中!」

去年から今年にかけて「人生において一度はやっておきたいこと」にいくつか挑戦し続けている。
去年は「富士山登山」だった。今年は「第九を歌う」。例年秋になると「さが県民『第九』に参加しませんか?」というポスターをあちこちで見かけていた。いつか歌ってみたいものだ、とかねがね思っていたのだ。

その夢を果たそうと今年、勇気を出して申し込んでみた。せっかくなので周りの人を誘おうと声をかけてみたら、県庁からも本庁と現地機関合わせて10人近い人が参加してくれることになった。ちなみに僕はテノールだ。
9月の中旬から練習がスタートした。練習は週に1回2時間が基本。僕は出張やら仕事やらでなかなか顔を出せないことが多かったが、その分、自宅で練習用CDを聴きながら研鑽を積んで、なんとか暗譜することができるようになった。さが県民「第九」はオーケストラは楽譜を見てもいいが、合唱は暗譜なのだ。(実はこれは珍しい。いわゆる「市民第九」は楽譜を持って歌うのがふつう。)

こうしたことを一緒にやっていると、同じ県庁職員とはいえ人それぞれの個性が出る。

あるバスの歌い手Aは、なかなか練習にも顔を出さないし、熱心に取り組んでいるようにも見えない。あるとき「大丈夫ですか?」と声をかけたら「バスはソプラノやテノールみたいに主旋律を歌うことがなく、地味にずっと同じ音を出していくことが多くてつまんないんですよね。練習しててもお経みたいだし」と言う。自分の練習への取り組み不足はパートの魅力不足が原因、とでも言いたかったようだ。
その彼もその後よく練習で見かけるようになり、ついに先日は楽譜を見ずに練習に参加していた。つまり暗譜したということだ。「すばらしいですね!」と声をかけたら「バスを歌っていると必然的にほかのパートの歌が聞こえてきます。つまり、ほかのパートの歌を楽しみながら自分も歌うことができる、ってことで、バスはいいですね」とこないだとはまったく違うことを言っていた。

バスの歌い手Bに至っては、第九に参加することは表明し、かつ、参加料も適切な時期に支払っていたにもかかわらず、練習会場でその姿を見かけることがなく「第九界のニホンカワウソ」と呼ばれていたが、ようやく11月の最終週の練習に初めて顔を出した。コーラス指導の先生が「私が担当するのは今日が最後になります」とご挨拶されているそばで「えっ!今日初めてきたのに」とつぶやいていた。
しかも、この歌い手Bは12月に入ってからのある日の練習のとき、「えっ?合唱って第四楽章だけなの?僕は第一楽章からずっと歌うんだと思ってた」とのたまい、周りをのけぞらせたという逸話も残している。
しかし、その彼は不安がる様子もない。「まだ1週間もある」とか公演当日のスケジュールを見て「お、午前中も練習できるんだな、よし」とか余裕のある態度だ。彼曰く「これまで僕の人生は、やるときゃやる、で来ましたからね」。人生のモットーは理解できるのだが、当日までに仕上がるのかどうか、僕としては不安がないわけではない。彼の自信に満ちたもう一つの言葉「結局、僕は結果出してきてるんですよね」を信じてみたいと思う。

その点、仕事も緻密さをもって貴しとなすテノールCは、初めての挑戦とはいえ、もともとブラス部育ちでしかも合唱も苦手ではない(かなり控えめに表現をしてみて)とのことで、練習の開始時から熱心に取り組み、早々と暗譜していた。「昼休みが60分あるじゃないですか。第九の合唱の部分が普通のCDの演奏でだいたい18分くらいあるんですよ。だから昼休みに2回聴けるんです。そして最後の1回はとくに歌いにくいところとかを中心にして復習すると合計3回できるんですよ。こうすれば毎日昼休みに3回歌えます。そのためにも昼休みを60分にしてもらってて正解でした」などと熱く語っていた。

ソプラノを歌う女子Dは、忙しい中こつこつと参加を重ねていたが、練習後いつも「わからない、わからない」を連発していた。
練習開始から約2か月後の11月後半になって「少しづつわかってきました」というコメントが聞けるようになった。「わかってくると楽しいですね」とも言っていた。つまり彼女は、それまでの2か月間は楽しくない練習に毎回参加していた、ということになる。立派な心がけである。
練習会場への行き来にときどきその職員Dの車に同乗させてもらっていたが、最初のころは車の中でかかっている音楽が「絢香」とか「羊毛とおはな」とかだったりしたが、さすがに最近になって車の中でも第九の練習用CDが流れるようになった。人の本気、というのはそういうさりげないところに垣間見えるものだ。

別のソプラノ女子Eは、仕事でも見通しのいいことで知られている。ある方法がだめでもそれならと別の方法を考え出して結果的に成功させるのが得意なのだ。今回の第九に関してもその才能を発揮し、なかなか歌詞もメロディも覚えられないことを嘆きつつも、先日「現実的な対応として、本番では前の人の背中にカンペを張り付けさせてもらうしかないと思います」ときっぱり語っていた。
なるほど確かにそれもあるかと思って去年の公演のときの写真を見てみたが、当日のコーラスのステージは階段状になっていて、前の人と高さがかなり違う。前の人と頭一つ違う、という感じになるのだ。そうしないとせっかくの晴れ姿(?)が見えないではないか。
だとすると、仮に背中を貸してもらってカンペを張り付けても、相当視線が下に行ってしまう。うーむ。これは無理かも。このソプラノ女子E、きっと困難を乗り越えて当日を迎えてくれることになると思う。

と、いろんな人間たちが取り組んでいる県民第九。12月8日日曜日14時から佐賀市文化会館大ホールで開演だ。チケットは前売大人2000円(強気!)。
もう19回目ということで、今回も合唱の参加者は210名とかなりの数になる。

今年1年の締めくくりに、よければお出かけあれ。オーケストラは佐賀交響楽団。指揮者やソリストは、もちろんプロがやります。


ふるかわ 拝