週 刊 y a s u s h i

2 0 1 7 年 1 0 月

 

2017年10月30日(月)

週刊yasushi 第740号「衆議院議員総選挙を終えて」

 

 

10月22日投開票が行われた衆議院議員総選挙。佐賀二区で立候補した僕だったが、結果的に議席を得ることができなかった。応援をしていただき、あるいは選挙運動していただき、あるいは期待をしていただいたたくさんの方々、そして一緒にこの選挙を戦ってもらったスタッフのみんな。

全ての方々に申し訳なく、心からお詫び申し上げる。

幸い、比例復活で議席を得る事はできたものの敗れたことには違いなく、お力をいただいた皆様方に本当に申しわけない気持ちでいっぱいだ。

 

落選が決まったその瞬間から、あちこちにお詫び行脚の日々がスタートしている。

電話で、あるいは訪問してお礼とお詫びを申し上げるのだが、落選した候補が比例復活したと言うことで、おめでとうと言う人と残念だったねと言う人と両方。

自分自身の気持ちも両方あるのは事実なのだが、やはり申し訳なさが先に立っている。

 

今回の選挙結果の原因については全て自分自身の準備不足を含む力のなさに尽きる。

いま、様々な方面の方々からフィードバックをいただいていて、それを受けて様々な改善策に乗り出そうとしている。

ご意見が11月いっぱいくらいまでには出揃うと思うので、それを受けて新生・古川康事務所をスタートさせていきたいと思う。

 

公職選挙法に基づく選挙に立候補するのは今回で5回目だが、初めて負けた。負けると言うのはこう言う経験をするのか、ということをいろいろ味わっている。

日々感じているのが、負けてしまうとごはんを食べていても味がしないこと。

人間の体というのはそのようにできているのだなと思う。

体重も減った。

もともと80キロ近くあった体重を5月にライザップに通って5キロ減らし75キロまで落としていたところ、今回の選挙が終わって昨日測ってみたら72キロになっていた。

数ヶ月間で8キロ減ったことになる。

 

自慢にもならないが。

 

選挙後すぐにお役所や様々なところから要望陳情、政策提案、自民党内での打ち合わせ等が次々に出てきている。政策を手がけるために国会議員になったのだからこうしたことをやっていかなければならないのだが、一方で選挙区回りをしっかりしておかなければならないことも今回痛感。限られた時間の中でどのように配分するのかしばらくいろいろチャレンジするしかなさそうだ。

 

11月1日特別国会開会。第48回衆議院議員総選挙と刻印された新しい議員バッジをつけての登院となる。

 

いよいよ2期生。仕事と地域活動の両立をこれまで以上に心がけていきたい。

 

応援していただいた皆様方に改めて心からお詫びと感謝申し上げるとともに、引き続きどうかご支援のほどお願い申し上げたい。

 

 

ふるかわ 拝

 

2017年10月10日(火)

週刊yasushi 第739号「選挙戦がスタートしました!」

 

 

いよいよ今日から選挙戦の始まり。これまでも選挙戦の前哨戦としての政治活動を続けていたもののタスキをかけると緊張感とパワーとアドレナリンが10倍になる感じです。

今日から22日日曜日の最後の投票日までとにかく戦い抜いていきたいと思います。

 

今回は、ネット選挙を前回以上に活用することにしています。Facebookによる選挙活動状況の報告は毎日行いますし、個人演説会の様子や街角で行う演説なども折に触れてライブ中継していきたいと思います。

これまでタイミングが合わないと見ることができなかった政見放送も今回はこのサイトにアップすることにしましたのでいつでもご覧になっていただくことができます。これまでの政見放送とはかなり違った出来になっていますので。今まで政治や政見放送などに興味のなかった人たちにぜひ見ていただきたいという願いからこうした取り組みをしてみました。

 

もちろん、今回も選挙運動期間中の基本は街演という活動です。選挙活動のための車で移動しながら各地で皆様方に支持を訴える、というやり方です。

 

明日から本格的に皆様の地域にお邪魔することになります。

 

このサイトで個人演説会の日程をお知らせしますのでぜひご参加お待ちしています。

 

今回の選挙は、今日本の置かれた状況のもとでどういう政権なら皆様方の期待に応えることができるかが問われている選挙だと思います。

 

米国のトランプ大統領との信頼関係をはじめ、主要先進国のリーダーたちとの人間関係が構築できている政権でなければ、この日本の危機は乗り切れない。

このことを懸命に訴えていきたいと思います。

 

 

ふるかわ 拝

 

2017年10月3日(火)

週刊yasushi 第738号「いよいよ選挙へ  〜政見放送用の動画完成〜」

 

 

さまざまな準備の1週間。中央政界は野党側が大荒れだが、それに気を取られることなく自分がやらなければならないことを1つずつ進めることができた1週間だった。

それと政見放送の撮影も終わった。

これまでも政見放送についてはかなり力を入れて臨んでいたが、今回は18歳19歳と言う若年層が新しく有権者になった初めての衆議院議員総選挙ということもあり、若い人たちに関心を持ってもらえるようなものにしたいと言う思いで取り組んだ。

まずは興味を持ってもらえること、そして政治家として届けたい言葉はしっかり届けること、その両立を目指したものとなったと思う。

どんなものか見てのお楽しみ。

公職選挙法上、政見放送の元となる動画をYouTubeなどにアップすることは認められると言うことを確認済みなので、できるだけ多くの人に見てもらえればと願う。

 

 

ふるかわ 拝

 

衆議院議員

Official Website

power-full.com

Home  Profile  Concept  My Opinion  Contact

Copyright (C)  power-full.com All Rights Reserved.

<掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます>