衆議院議員

Official Website

power-full.com

Home  Profile  Concept  My Opinion  Contact

時 々 の 記 書 き 散 ら し

2017年1月31日(火曜日)の記

 

目覚ましを3個周りに置いて5時起き。なんとか成功して福岡空港の一便へ。

福岡空港はいま工事中なのでとても長距離歩かないといけなくて時間がないときは焦ってしまうが、今朝はなんとかセーフ。

今日の機内では今日が締め切りの天皇陛下の生前ご退位に関しての意見を党本部へ提出すべく作業した。

 

昼間はジビエ議連。そしてNHK会長ほか経営陣を招いてのNHK予算に関しての意見交換。ご挨拶した上田会長はラ・サール高校の先輩だった。

夕刻は、スポーツの産業化議連。プロスポーツ推進法の制定について議論した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年1月28日(土曜日)の記

 

午前中の池田学展。多久市出身のいま注目の画家なのだが、佐賀新聞社は彼に前々から目をつけていて、僕がまだ知事をしていた頃にこういう画家がいるんですよ、と教えてもらったことがあった。3年位前だったと思う。他に例を見ないような細密画だったから見た瞬間びっくりしてぜひ里帰り展をやりましょう、と申し上げた。

それが今回やっと実現をした。本格的な展覧会、しかも佐賀県でかなり長期間行った後、金沢21世紀美術館そして東京の百貨店と堂々たる巡回展だ。

会場にはたくさんの人が溢れていた。

作品を見ていると、作者が飛行機好きであることに気づく。物事を見ている目が空から鳥の目で見ているような雰囲気なのだ。しかも探してみると飛行機が所々に書き込まれている。

ANAの機内誌『翼の王国』になんか書いてもらうと面白いのではないか。

 

2017年1月24日(火曜日)の記

 

今日は代表質問2日目。この時期は各府省からこの国会に提出しようと思っている法案はこれとこれです、といった説明を受けることが多い。また、現時点で検討中の法案や事業について、意見を求められることもある。

働き方改革や介護保険のあり方の見直し等については自分なりに意見を申し上げた。

また、今日は経済産業省から地域未来投資促進法案の説明。これまで数ヶ月にわたって党内で議論をしてきた、地域経済を牽引していく企業がリーダーとなって周辺の企業も含めて地域にもっと投資をしていく仕掛けを作ろうと言う内容だ。明日もこれについて党内で議論をする。

ぜひとも内容のある法案にしていきたい。

 

 

2017年1月15日(日曜日)の記

 

フリーゲージトレインの開発状況を体験するために新幹線で新八代駅へ。

きっぷはJR九州の予約アプリから。

アプリになって便利さもアップ。普通に買うより安いので最近はいつもこれだ。

予定どおり、新八代駅に着き、開発中のフリーゲージトレインに試乗した。

一世代前のものにはJR四国の予讃線で試験をしていた時に乗ったことがあったが、最新型ははじめて。

当時に比べると車両も四両編成と長くなっていた。

乗り心地は普通のかもめに乗っているのと変わらない。

ただ、以前に比べると、例えば座席や荷物棚、窓などどれひとつとってみても、従来タイプよりも軽いものが開発されていて、軽量化にかける思いを感じることができた。

今回の走行試験を通じて、課題とされている安全性の確認と通常の新幹線車両に比べてどうしても割高につく部分の改善。これらについて今年の初夏の技術評価委員会と与党の西九州ルート委員会へ報告してもらって今後の方針を決めることになる。

 

 

2017年1月14日(土曜日)の記

 

午後佐賀県学校栄養士協議会の皆様がこられた。

 

自分たちが小さい頃の給食と比べて今は学校給食がずいぶん充実をしてきている。それには学校栄養士の方々を始めとして専門的な知識と経験のある職員の人たちが学校給食の現場で活躍されていることが大きい。

かつては食べる事は当たり前のこととして教えることでもなければ指導をすることでもないと思われていた時代もあった。しかしながら今はものがありすぎて、どう選択をすべきなのか、正しく教えてもらわなければ、家系ラーメンを食べていれば病気にならないなどと言うことも信じかねない。

そのためにも各学校に栄養教諭を配置して子供たちに学校給食だけでなく食べること栄養をとることの必要性と意味合いについてしっかりと教えていかなければならないと思う。

今日も十数人の先生方が来られ、それぞれの現場での思いや悩みをお話しいただいた。

「食べたものでしか体はできていかない」という当たり前のことをしっかりと子供のうちからうえつけさせておきたいと思う。

 

2017年1月11日(水曜日)の記

 

今日も挨拶まわりと新年会。県内一円を回り、最後は嬉野で佐賀県建設労働組合連合会新年旗開き。

知事の頃は労働組合の旗開きによく顔出していたのだが、自民党の議員になってからはさすがに案内が来なくなった。

ただこちらの組合だけは毎年欠かさず案内をしていただく。昨年は国会が既に始まっていたので出席できていなかったので今回が初めての出席。岩田先生はじめ他の自民党の議員の方たちも出ておられた。

挨拶の機会をいただいたので、「建設職人安全法」の成立の話をした。自民党と公明党の議員連盟でこの議員立法を進め、先般の臨時国会で成立したものだ。

 

文字通り建設産業に関わる職人さんの安全確保をしていくための法律で、安全な足場の活用を始めとして、安全を確保するために必要な政策を総合的に取り組むことにしている。

職人の世界には「怪我と弁当は自分持ち」という言葉があるが、この言葉をなくしたい。安心して働ける環境をつくり、それによって若い人たちが入ってきやすい業界にしたい、というのがこの法律の狙いだ。

また、建設業界が魅力のあるものにしていくためには社会保険未加入の問題をどうするかということも大きな問題。そのためには発注する側が必要な法定福利費を積算上明らかにしていかなければならない、とかいろんな課題がある。

 

働く人を大切にしていけるような制度を作る。

 

なんとか一歩でも近づけたい。

 

 

2017年1月6日(金曜日)の記

 

小城市三日月町の長神田交差点で街頭演説。平日の昼間にもかかわらず交通量が多い。たくさんの車が反応してくれた。窓を開けてくれる人もそこそこ多く、選挙中のようだった。

お昼からは小城商工会議所主催の新年賀詞交換会。270人ぐらい参加しておられた。去年よりも多いとのこと。ここ数日間、賀詞交換会に出席しているが、どこでも今年は参加者が多いということを言われる。

少しは景気が良くなると言う前兆だと良いのだが。

 

夕方、伊万里商工会議所主催の新年賀詞交換会。ここも昨年より多いとのこと。やはり景気への手ごたえを感じておられるようだ。

 

どの会場でも金融機関の大変さの話が多い。マイナス金利と言う教科書に載ってないような政策のもとで、金融機関は非常に厳しい経営を強いられている。

そういう中でも金融機関の現場は金利競争などにさらされているようだ。ほとんど利益を生まないような「戦場」で体力を使い果たすような競争を続けていれば結果的に地域経済にとってマイナスになってしまうのではないか、というのが心配だ。

 

ある金融機関のトップがATMについて面白いことを言われていた。

企業秘密かもしれないのでアップしないようにするが、金融機関も大変な時代に来てる、と実感した。

 

 

Copyright (C)  power-full.com All Rights Reserved.

<掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます>