時 々 の 記 書 き 散 ら し

2018年10月15日(月)の記

 

 

 

月曜日定例の事務所内打ち合わせ。

それからあちらこちらの挨拶まわり。

 

ある建設会社では、最近は仕事はそこそこあるのだがあまり気安く受けてしまうと現場代理人等の手配が大変で、しかも秋から冬にかけては仕事が増える時期なので、そこに影響が出てこないようにするためには夏の仕事もセーブしなければならない、それにつけても人手不足が深刻、外国人の活用も含めぜひ考えてほしいと言う話だった。

また、ある酒造会社では、国内需要が厳しいため海外に販路を開拓しつつある、とのこと。

「小さくなっていく市場を追いかけて行ってもしょうがないですから。伸びていく市場でどういう商品を提供すれば良いのかということを考えていくことに集中したいと思っています」という頼もしい答えだった。

企業を回っていると、仕事はあるが人手が足りないと言う問題、景気の良い企業は何らかの形で海外需要を取り込んでいる、そういうことを感じる一日だった。

 

2018年10月14日(日)の記

 

 

 

今日は祭りの当たり日。とにかく忙しかった。その中でも特に印象深かったのは北波多のいどばたキャラバン。

 

今日は20人を超える女性に集まっていただき、暮らしに身近な質問をたくさんしていただいた。その中で印象的だったのはゴミ箱の話だった。

かつてはこの地域のゴミ箱=ゴミステーションは「ここにゴミを置いてください」と言う枠がある程度のものだったらしいが、それだとカラスにやられてしまうので最近は、かちっとしたタイプのものに変わりつつあるのだと言う。ところがそれにしたらカラスにつつかれる心配はないのだが、ゴミを入れるための扉が重く、しかもゴミをよいしょと少し持ちあげないとゴミ箱の中にゴミを入れられないので年寄りが大変に苦労していると言うのだ。

 

どういうゴミ箱にするか話については地域で決められる。ただ他の地域と同じ形にしたほうが値段が安く、地域の負担が軽くなるので皆同じようなタイプのゴミ箱を選んでいるらしい。その方の心配は、このままだとゴミをゴミ箱に入れずにゴミ箱の横に置いたままにする人が出てきてしまわないかということ。

その話を聞いていた別の方からこんな声も。

「実際にゴミを出すのは女の人が多いのにどういうゴミ箱にするか決めているのは男の人と言うところに問題があるのではないか」。

 

なるほど。高齢化社会にふさわしいゴミ箱の姿と言うものがあるように思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真:北波多いどばたキャラバン

 

 

2018年10月12日(金)の記

 

 

 

朝6時に起き、朝食を作り、6時40分に赤坂宿舎を出て羽田経由で佐賀に向かった。

昨夜、やや遅かったせいで機中爆睡。羽田空港のランウェイですでに寝ていた。

あちらこちらご挨拶回りしながら伊万里へ。

企業回りをしていると感じるのは、景気の良い企業とそうでもない企業の差はその企業が位置している業界の違い、というよりはどういう取り組みをしているのかということの違いによるように思える。例えば、今日お伺いした印刷会社は、もともとは地元10割で仕事をしていたところ今では、地元5割、福岡2割、東京3割だという。仕事のあるところに展開していくことをしなければ企業は続かない、と言われていた。

例えばある企業さんから自社を宣伝するためにパンフレットを作って欲しいと言う注文を受けたときにはパンフレット以外のウェブ回りの企画も組み合わせて提案するという。時代が変わっていく中で企業も変わっていかなければならず、そこを否定してしまうと時代が変わるのを怖がるしかなくなる、そうではなく時代の変化にどのようにいち早く対応していくのか、考えていかないと。

 

このようにおっしゃる経営層の言葉のひとつひとつが本当に重く感じた。

 

伊万里から唐津・上場商工会主催のグラウンドゴルフ大会へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこでご挨拶してから唐津で用事を済ませて佐賀市へ。

明日は朝から勉強会。

 

 

 

2018年10月10日(水)の記

 

 

 

昼間にガーディアン21の有馬さんが来られた。災害が発生してから72時間以内に必要とするものを箱に入れてあらかじめ備蓄しておいて必要か避難所に届ける、というプロジェクトをやっておられ、私も当初から応援をしているもの。協力していただける会社も増えてきつつあるのだが、いかんせん様々な面での詰めがまだできていないのが残念なところ。でもこのようなシステムが整っていれば例えば首都圏直下地震が起きた時にも約3日間は自力で何とかすることができるということだから意味は大きい。

このプロジェクトに関心を持っていただける大学の先生などいらっしゃらないだろうかと言う話をした。そういう先生や学生たちと一緒に作業をやっていければ形になっていくような気がする。

 

午後からワイン法に関する勉強会。日本ワイン法と言う法律が数年前にできて、一定のルールに則って表示がなされることになっている。そのことについての確認と、これからの方向性についての議論だった。

特に興味深かったのは、EUへの輸出。EUは、主として750ミリのボトルが流通しており、これに対して日本のボトルは720ミリが主流。EUは、日EU EPAの交渉に際しても、750ミリでなければ日本からの輸出を認めないと主張し、結局折り合わなかった。

EUは750ミリ以外に500ミリや1000ミリのワインも流通しているのだから720ミリを認めてもよさそうなものだが、どうしてもダメだと言う。ちなみに、ワインではなく蒸留酒である焼酎についてはこの交渉によって、何ミリのものであってもEUに輸出できるようになったのだが。

輸出専用の瓶を作ると言うことも考えられそうだが、まだまだ輸出が本格的には行われていないと言うこともあって道は遠そうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月8日(月)の記

 

 

 

今朝は台風が去り、順延になった各地のお祭りが行われていた。いくつかのお祭りに参加した後、佐賀市に向かい、自民党県連主催の総務会。これは自民党県連としての決定機関。ここで、佐賀県知事選について現職の山口祥義氏を推薦すべく自民党本部に進達することを決めた。いろいろ「場外」では議論があったが、最終的には異論なく了承ということに。

総務会の後の支部長幹事長会議でも同様の決定となり、あとは自民党本部で推薦するかどうか決定されることになる。

その後は事務所内で1週間の設定の確認と陳情要望関係処理。ここしばらく総裁選などもあって陳情要望の処理が遅れていたが何とかカバーするようにしなければ。

 

先日の西九州自動車道南波多谷口ー府招間で起きた土砂の崩落事故に関連して、地元の区長会から国土交通省に対し現時点での状況の報告を行っていただきたい旨の申し出があり、こちらがアレンジすることになっていた。

今、現場は1日も早い原因究明と普及に向けて作業が続けられており、こうした事の支障にならないようにすると言う前提に立った上でできるだけ早く地元に対して説明をしていただければとお願いを申し上げていたところ、この日になって、10月10日の区長会の時に説明していただくことになった。

 

こういうことも大事な要望への対応。

 

よかった!

2018年10月6日(土)の記

 

 

 

夜来、風雨強く、何度も目が覚めた。

台風は九州から距離が離れていると思うのだがそれでもかなりの風の強さ。今日はずいぶん催し物が中止になっており、その分一つ一つの催し物への出席時間が長くなって良かった。

 

その中の1つが鹿島市の特別養護老人ホーム好日の園の秋祭り。

台風が予想されていた中だったが、外でやるのはやめて室内でやりますとのことでどのようにされるのだろうと言う興味もあって参加した。

スタートのひょっとこ踊りからフィナーレの抽選会まで約1時間30分の秋祭りだったが密度濃く楽しいものの連続だった。

良い施設なのだがいかんせん老朽化の否めなかったところ、この度国庫補助を受けて建て直しをするこになったところでもあったので、その意味ではいい記念の秋祭りになったと思う。

この行事に最初から最後まで参加した。この仕事をしていると1つの行事にスルーで参加するということがほとんどなく、勝手に、だが、感慨深いものがあった。

その後、日中友好の集いへ。

 

佐賀市内で行われる全県単位の集まりに出席すると、日ごろ会えない人に会うことができる。この日もかつて県庁時代に一緒に働いていた当時中国人留学生だった人と偶然再会。当時の話で盛り上がった。今は佐賀県在住の中国人の方と結婚しているとの事。「佐賀はほんとに暮らしやすくていいところ。佐賀と結婚したようなものです」と笑いながら言われていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月5日(金)の記

 

 

 

朝は久々に8時からの会議。

自民党本部で学校耐震化・施設整備促進等議員連盟の総会で、来年度の当初予算及び今年度の補正予算で学校関係の耐震化やエアコン設置その他トイレの改修、学校の大規模改修等の予算をしっかりと確保していくように決議がなされた。その中で特に総理が来年の夏までにすべての公立の小学校中学校の教室にエアコンを設置すると言う決意を述べられたことに関連して予算措置の充実のほか、果たして本当に教室に設置するエアコンが確保できるのか、施工が間に合うのかなどといった意見が出された。

私からは、Facebookにも書いたが、既に着工している平成29年度補正予算及び平成30年度当初予算の着工と完成を早くする必要があること、それと集中的に自治体が事業を行うことになれば、その分だけ地方負担も膨らむため、そのことに配慮した地方財政措置の充実を総務省にお願いすべきだという2点を述べた。

 

その後、岸田政調会長に対し棚田地域振興法案について進捗状況のご報告。

党人事としては新しく任期が始まると言う事でもあり、これまでやってきた政策や設置してきたPTは一旦ご破算になった上で継続する必要があるかどうかを検討することになるため、このPTはぜひとも引き続き設置でお願いしたいと要望した。

このPT座長の江藤拓衆議院議員がこのたび内閣総理大臣補佐官に就任され、いろんな意味で官邸とのやりとりがしやすくなっている。ぜひとも臨時国会が無理なら通常国会にこの法案を提出したいと改めて強く申し上げた。

それから地元へ。

ご挨拶回り数件の後、みちづくしイン佐賀という道路関係のイベントへ。九州各地から住民の立場から道路の応援団として活躍される方たちが集まっておられた。2003年に始まったこの取り組みは、当時の九州地方整備局長の岡本さんの発案。この日も来ておられた。

昨今の災害対応などを拝見していると地方整備局の役割と能力の大きさを改めて感じている。そのような意見交換をさせていただいた。

この日の最後は厳木の中島山笠の前夜祭。明日は雨が見込まれるもののしっかりと準備だけはして台風が通過した後、宵山からは巡行できるだろうとのことで、老若男女入り混じって準備が行われていた。いかにお祭りが地域を元気付けるか、その中にあって子供の果たす役割がいかに大きいか、こうしたことを感じた前夜祭だった。

 

夜半、雨、風 激し。

被害がでなければいいが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は岸田政調会長へのご報告の様子

 

2018年10月3日(水)の記

 

 

 

午前中までは東京。要望・陳情の関係で役所とのやりとり。

先日の大雨の時に内水被害があった牛津江川の緊急的な災害対策を国土交通省にお願いしていたところ、河道掘削を行っていただくこととなった。これは小城市でのいどばたキャラバンのときに地元の女性の方たちからも強く求められていた事柄。それだけにこうした声に応えられたのは本当に嬉しい。

午後からは地元へ。

夕刻から、唐津の企業の社員研修会の講師として登壇。

薬局で働く皆様方が対象だったため、まずは国会議員は何をしているのか、今回の内閣改造等の話をした後に、これからの医療を取り巻く状況、特にICTの関係でこれからマイナンバーカードが健康保険証がわりになることや、お薬手帳の代わりになっていくことなどのお話をしました。

 

終わった後の質問は2問。消費税率の改定が大きく小売店には影響することとなるが、そのことについて。これが一つ。

もう一つが先日の総裁選の時に私が石破先生のひとつ前の席に座っていたことに関連して、どのような席順になっていたのかと言う質問。

 

やはり見る人は見ておられるのだなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月2日(火)の記

 

 

 

朝から六角川の整備と国道34号の整備の要望活動に同行。国土交通省の幹部の方々に実情を訴え整備の促進方、お願いした。

 

今の時期、国土交通省にはたくさんの地域から様々な要望陳情が来られるため、よほどでないと幹部のアポを取るのは難しい。また、今日は内閣改造の日でもありいつも以上にばたついてる時でもある。でもそういう中だが、私たちが同行していると忙しい時間を割いて幹部の方々があっていただけることも時々ある。そうすることによって首長さんや議長さんから直接地域の実情の話を訴えていただくことができる。

与党の議員の仕事の大切な一面だと思うが、なぜ、地元にいないのか、とお叱りを受けることもあり、なかなか辛いところだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は国交省道路局長に国道34号整備促進を訴えている様子。

 

また、7月の大雨で牛津江川で内水被害が発生したことを受け、緊急の災害対策を国交省に要請していたが、今日の要望活動を通じての感触ではなんとかなりそうな気配が出てきた。

先日の小城市でのいどばたキャラバンでもこの被害対策を求められていただけにスピーディな対策ができることになれば嬉しい。

 

こうしたことも地元選出の国会議員の仕事だと思う。

 

 

 

衆議院議員

Official Website

power-full.com

Home  Profile  Concept  My Opinion  Contact

Copyright (C)  power-full.com All Rights Reserved.

<掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます>