時 々 の 記 書 き 散 ら し

2017年12月10日(日)の記

 

 

今日もあちこちの秋祭りやスポーツ大会などで参加した。特筆すべきは唐津市相知町で行われた映画『花筐』の上映会。

 

席数320のところ満員、しかも100人以上が入れない状態になってていると言う大変な混雑状態。僕はここでこの映画製作推進委員会顧問としてご挨拶をすることになっていた。

この日はこの映画に出演している満島真之介さんと原雄次郎さんがゲストで来られていた。

原雄次郎さんは地元相知町平山のご出身。こうしたこともあって満員御礼になったのだろうと思う。

 

ティーチインでは、司会の甲斐田さんは、知事の頃、僕が映画好きだということを知って映画の製作に支援をお願いをしたこと、その際ふるさと納税の仕組みを使えば資金が集まるのではないかと僕からアドバイスをもらったこと等を紹介された。

僕からは、「映画の中に蛇の出てくるシーンがあるがその蛇はあちこちの知り合いにお願いをして確保した本物の蛇だ」という話をして会場の皆様に喜んでいただいた。

この映画は、直接戦争そのものが描かれているわけではないが「戦争の時代」を描いた作品であることには間違いない。

 

反戦映画は嫌いとか、戦争の実写がない映画でどうやって戦争が描けるのか?とかいろんなご意見はあるが、まずはごろうじろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年12月7日(木)の記

 

 

今日も予算やら要望陳情やら面談やら何やらかにやら。

 

朝は書道。『集字聖教序』の臨書。簡単そうに見える字ほど難しい。今回は「之」の字が難しかった。

 

朝の部会は、IT戦略調査会。

新経済連盟からのヒアリング。

デジタルファーストの実現のため、例えば、民泊法の手続きをオンラインで全て済ませられるようにできないか、観光庁と議論を、しているところだが、それについてのヒントをいただいた。

その後、峰唐津市長とともに呼子大橋の大規模修繕事業のお願いに国交省に行き、そこで、合併特例債の適用期限の延長についての要望書もいただく。これについては唐津市をはじめ県内の合併市町から同じような内容の要望を前々からいただいていたこともあって、これまで総務省とやりとりを幾度と無く重ねてきた。何とか議員立法で通常国会に提出することでほぼ調整ができた。つまり県内合併市町の要望を解決することができる見通しが立ったと言うことになる。

 

その後、税制調査会へ。今日も白熱した議論が行われ、1つ1つについて方向性が打ち出される。

 

それが新聞やネットニュースで毎日報道されることになる。

 

 

午後と夕方面談いくつか。

 

トゥレット症候群について相談に来られた方もいらっしゃった。

 

また、伊万里松浦病院について松浦市移転決定の報告がJCHOからなされたり、学校栄養教諭の皆様、佐賀県遺族会の皆様と面談。

 

ハードな1日だった。

 

5時起きだから23時には寝たかったのだがもう24時。いかん、寝らんば。

2017年12月3日(日)の記

 

 

朝から地域行事にいくつか出席。

 

そしてお昼前から父の一周忌。

親戚の方々が大勢、父を偲んで集まっていただいた。

ありがたいことだった。

 

筆不精を任じていた母が来年の年賀状を出すことにしたという。

 

父 工(たくみ)の

 

生きている証となりし年賀状

 

という俳句を発見し、はっ!そうだ と思ったからとのこと。

 

周りの方々の力を借りながら、ではあるが、年賀状の作業を一周忌の終わった後から進めていくとのこと。

母が元気になるのは嬉しい。

 

午後から早稲田対明治のラグビー早明戦を両校OBたちと一緒にチラリとテレビ観戦。そして嬉野市へ。

 

新幹線のまちづくりシンポジウムで来賓挨拶。

このシンポジウムは、フル規格実現のためのものだった。佐賀県としてはフル規格ではなくミニ新幹線など地元負担が比較的小さいものを要望して来ている。僕が知事のときも基本的スタンスはそうだった。

僕自身も、フル規格は望ましいものだとは思うものの、佐賀県としての負担が耐えられるかどうか、という検証が必ずいると思っている。だからそういう中、このシンポジウムでの来賓挨拶は難しかった。それをなんとかこなし、人と会ったり、あちこち回ったりして夜は唐津で会合。

今夜もまたいろんなご意見いただきありがたく。

 

大林宣彦監督の映画『花筐』の話で盛り上がった。

 

そろそろ唐津で先行上映。チケットよ売れ行きも好調のようで、この映画製作委員会の顧問としてはホッとしているところ。

 

 

2017年12月1日(金)の記

 

 

朝から地元からの要望陳情対応でバタバタ。半日かかったが何とか解決。今日は金曜日なので今日中に片付くか片付かないかは、その課題を解決するのに数日かかるのか、1日で終わるかという大きな違いなので、金曜日に新しい話が来たときには至急処理をしなければという思いに駆られる。

でもお役に立ててよかった。

 

今日は朝から法務委員会。途中安全保障委員会にも出席をしながら。

 

昼間にいちど事務所に戻り総務省から情報通信網整備の事業内容について説明を受けた。これも地元の情報通信関係の企業から要請を受けていたもの。うまく事業が使えると良いのだが。

週末に帰って説明をすることになる。

 

12月1日から新しくスタッフが増えた。

唐津事務所の取りまとめ役。

 

日頃の活動を充実していかなければならないのと組織力の強化が課題だっただけに大変ありがたい。

小回りを効かせ、組織力を高めていきたい。

 

夜は地元へ。

 

この時期、普通なら忘年会だが、今年は反省会。

 

しっかりご意見をいただいていきたい。

 

 

衆議院議員

Official Website

power-full.com

Home  Profile  Concept  My Opinion  Contact

Copyright (C)  power-full.com All Rights Reserved.

<掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます>